ドイツでの太陽光発電

ドイツでの太陽光発電

再生可能エネルギーといわれる太陽光発電、近年ドイツでは一般家庭での導入が増加しています。増加の理由とドイツのエネルギー政策についてお話しましょう。

概要

ドイツは世界で一番太陽光発電による発電量が多い国です。政策が変更され、太陽光発電によって発電した電力を電力会社がかなり高く、しかも長期にわたって買い取る制度ができたからです。太陽光発電は環境保護のためでもありますが、市場では太陽光発電は投資の一種という位置づけで宣伝、普及活動がなされています。

ドイツでは、太陽光以外にも風力、地熱やバイオマスのように再生可能なエネルギーを使って発電することを推進しています。そして、そのために再生可能エネルギー法という法律が作られました。

ドイツの一般家庭では、太陽光発電がどんどん取り入れられています。他の発電方法に比べて2倍の値段で電力を買い取ってもらえるからです。また、自宅で発電した電力は全て電力会社に買い取ってもらうことになります。家庭では、電力会社の提供している値段の安い商業用電力を買うことができます。

このように、太陽光電力を自宅に取り入れることで発電した電力を高く売り、自宅で使用する電力を安く買うことができるという点、そしてこの優遇が20年間受けられるという点がかなりの人気となっており、太陽光電池の普及がどんどん進んでいます。そして、太陽光電池産業のさらなる拡大が期待されています。

メニュー

Copyright (C) 2011 ドイツでの太陽光発電 All Rights Reserved.
定期預金 銀行別ランキング